アフィリエイトの種類

アフィリエイトの発祥地は1996年にアメリカで始まったのが最初でした。日本でサービスが開始されたのは、1999年のことであり、アフィリエイトは歴史の浅いビジネスです。しかし、パソコンの普及率とともにアフィリエイトの市場は徐々に伸び続け、2012年には1000億円もの市場規模であり、アフィリエイターは延べ380万人をも越えているのです。

成長期の分野でもあり、これからも期待できるものとなります。アフィリエイトと一口にいっても以下のような種類があります。

□物販アフィリエイト。
基本的にものを売って報酬を得る形態を指します。しかし、広い意味でブロバイダーや引っ越しなどのサービスを売る形態も存在します。この物販アフィリエイトは最も一般的なものであり、多くのアフィリエイターがこの方法を利用しています。

□情報商材アフィリエイト。実際にある商品ではなく、情報やダウンロード製品を販売するアフィリエイトです。
この情報商材に関しては、売るのが非常に難しいけれども、その分報酬額が価格30%~60%と高く設定されています。

□AdSense。最も収入を売りやすいアフリエイトといえ、広告がクリックされるだけで報酬が発生します。

□メルマガアフィリエイト。メールマガジンを利用して商品や商材を紹介する方法です。

どの種類の方法を使うとしてもそれぞれにあったサイトづくりが必要となります。

Comments are closed